万願寺とうがらし 育苗

ポットに種から植え付けて、約半月経過した。

本葉が開き始めて葉も少し大きくなってきた。

他に万願寺とうがらしを栽培されている方のブログを見ると、いろいろと情報がある。

 

  • 発芽温度は高め、25℃~30℃が目標温度です。最低15℃以下にはならないように、室内で管理するか、保温マットや寒冷紗、ホットキャップなどをつかって、低温から守ります。
  • 発芽までは、タネが乾燥しないように気をつけましょう。水やりは午前中の暖かくなってきてからあげるとよいでしょう。
  • 芽がでたら、すぐに日に当てて徒長しないように育てましょう。
  • 種まきから発芽まで7日~10日、育苗期間は60日~90日ほどかかります。
  • 育苗中は、生育温度が28℃~30℃と高めなので保温し、水やりは表面の土が乾いたら与えます。
  • 植えつけ時に育苗用の培養土であれば肥料がはいっているので、特に必要ありません。

発芽はしたが、まだまだ植え付けまでには時間がかかるようだ。

さらに気温は28℃以上とあるが、今年はGW過ぎても気温が上がらない。

室内で育てるかどうか、、でも日光に当てるには玄関前が良い。

うーん、とりあえず不織布で保温してみるか。



万願寺とうがらし その後

先日まで、最高気温は20℃超えるようになったが、最低気温は10℃程度であるため、発芽温度としては適していない。

 

発芽には一定の温度が必要とのことであり、以下めだかを飼育していた水槽を物置きの奥から出してきた。

今回は19個の種を植えて、現在13個の発芽している。種植えより約20日経過し、これからの生育のためには、日照や風通しの確保が必要である。

めだか水槽より取り出し、玄関前のセルトレイに置き換えた。

これからは徒長という現象に注意が必要であるとのこと。

日照不足や水のやり過ぎなどに注意する必要がある。

農作物は草や茎が大きく成長しすぎるとだめで、実ができ始めてから十分な栄養を与えることが肝要であるようだ。

 

定植する畑は空いている。さて、これからどこまで生育し、いつ定植するか。

自分の休みと合わせて準備していこう!

 

 

 

 

 

再び万願寺とうがらし

昨年末より地植えしたほうれん草は、三ヶ月経過して収穫した。

春植えする夏野菜のため、場所を明け渡さないとならない。

今年は寒いとはいえ、4月に入り最高気温は20℃を超えるようになり、これ以上の成長も大きく見込めないだろう。

多く種まいた事もあり、全部収穫するとそれなりの量になった。

ベーコンとのバタ^ソテー、おひたし、ピザなどに使った。

土落とすなどの処理は大変であり、スーパーの販売品とは手間がかかる。

でも美味い!茹でると色が鮮やか!

 

 

そして、万願寺とうがらし

昨年は植え付け4月頃、まだ寒く草丈が大きくなるのに時間がかかった記憶がある。

今年は、種から育苗する!

発芽するには気温が大事とのこと。

さて、どのように管理するか。

 

種は安心のタキイ

でも18粒で460円ほど

相場しらんけど高いかねー。

ほうれん草 約二か月経過

ほうれん草の植え付けから、約二か月経過した。

年始より気温は下がった影響もあるのか、まだ草丈は十分生育していない。

均等に播種したが、発芽はまだらである。苗間は約5-6cm

程度、3年前購入した種の品櫃による影響か。

 

まったく水やりしていないことも影響しているのかは不明である。

土壌の問題としては、苦土石灰を撒いたしPHはアルカリ性であると考えている。

今週は少し気温が戻る様子、最高気温は15℃程度になる模様、今後の生育を見守ろう。

地植えでほうれん草 パート2

前回よりさらに2週間経過した。

年明けよりさらに気温は低下し、最低気温がマイナスとなることもある。

大きくなったな~とはいいがたいが、前回写真と比較すると大きくなっている。

経過を見守ろう。

ちなみに水やりは全くしていない。

 

地植えでほうれん草!

自宅前のプランターで植えていたほうれん草は、董立ちしたため、植え付け約60日程度で収穫した。やはり葉の生育は芳しくなく、董立ちしないよう育てる必要がある。

 

今回は、地植えでほうれん草を植えた。

約2週間前であるが、順調に発芽し始めた!

まだ1cm程度である。

事前に浸水させて発芽促していたが、植えた種のほとんどで発芽が確認できていることから、数年前に購入したほうれん草の種は当たりであったと言えるかもしれない。

 

90cmに畝幅に、15cm間隔で6条播きとした。

 

今後の生育に注目である。

現在、最高気温は14℃、最低3℃ぐらい。

気温は適していると思われる。